被害が大きくなる前に!ハト退治は早めの対策が重要

基本的には無害

白蟻

住宅で発生する可能性のある害虫には、いくつかの種類があります。その中には、すぐに駆除すべきものと、さほど急いで駆除しなくてもよいものがいるのです。特に危険のない害虫の一種に、羽ありが挙げられます。人間を攻撃したり健康被害をもたらしたりといったことはなく、発生したからといってすぐに駆除しなければならないものではありません。しかし、厄介なのは発生する数の多さです。数十匹程度では済まず、大群とも言える数が一斉に発生するため、そのままにしておくのは気持ち悪いと感じる方が多いでしょう。そのため、虫が苦手な方などは早めに駆除してしまった方がストレスも少なく済んでよいです。羽ありが大量発生するのは4月から6月と言われていますので、この時期は住宅の中をよく見ておくことをおすすめします。また、湿気を好むため、雨が降った翌日などは住宅内に侵入してくる可能性が高まるので注意が必要です。羽ありくらい気にしないという方でも、なるべく放置せずに駆除しておく方がよいでしょう。というのも、羽ありの中には住宅に被害をもたらすシロアリが混ざっている可能性があるためです。混ざっているシロアリの数が多ければ、すでに住宅に使用されている木材が被害に遭っている可能性が高いので、早めに駆除するべきと言えます。特に新築などで木材の被害が心配な場合には、専門の業者に連絡して調査と駆除を依頼するとよいでしょう。このように、無害と言われている羽ありであっても、危険が潜んでいる場合があるのです。