被害が大きくなる前に!ハト退治は早めの対策が重要

発生する前に対策する

電卓を持った男性

特に木造住宅である場合、注意しなければならないのがシロアリです。害虫の中でも厄介なもので、比較的発生確率が高めであるうえに最悪の場合には住宅がボロボロになってしまうことも考えられます。特に何も対策をしていない住宅の場合、約50パーセントが被害に遭う可能性があると言われています。被害に遭わない住宅というのにはいくつかの特徴があり、まず床下の湿度が低いということが挙げられます。床下の通気性がよければ、シロアリも発生しにくいでしょう。また、木材がヒノキやヒバである場合にも発生しにくいと言えます。しかし、このような条件が揃っていてもまったく発生しないというわけではありません。大切な住宅をシロアリから守りたいのであれば、予防をしておくことをおすすめします。シロアリ予防費用は、実施する方法によって異なります。大きく分けるとバリア工法とベイト工法の2つがあり、どちらも駆除をするときと同様の方法となります。バリア工法が薬剤の散布・注入であるのに対して、ベイト工法は住宅周辺に毒エサを仕掛けるという方法です。シロアリ予防費用に掛けられる予算に合わせて選ぶのもよいですし、業者からすすめられた方法を選ぶというのもよいでしょう。また、なるべくシロアリ予防費用を抑えたいというのであれば、複数の専門業者に見積もりを依頼して比較するのがおすすめです。シロアリ予防費用は業者によっても変わってくるものですので、見積もりを比較してから決める方がよいのです。